お引っ越ししました

「ゆるゆると歩いてみたいんだけど」はこのたびお引っ越ししました。

「うららのゆるゆる日記」とタイトルも変わりました。

http://ameblo.jp/uraraka-sora/

これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都 熊野神社から岡崎神社へ

さて、京都国立博物館の前から 206 のバスに乗って熊野神社前で下車。

丸太町通りを岡崎神社まで歩きます。

3件の美味しいお店に寄って、岡崎神社でうさぎみくじをゲットします

まず熊野神社の本殿にいらっしゃる狛犬さんにごあいさつ。
いつも鋭い眼を光らせていて、かっこいいんです

宿泊するところでは食事がついていないので、夕飯になるパンとちょっとしたお惣菜を買おうと思います。

まずは「リンデンバーム」。ハム・ソーセージがメインなようですが、ピクルスと野菜のバルサミコ酢漬けを買いました。

P1000645 

そのすぐ近くにあるパン屋さん「キャトルセゾン」。
いっぱい買っちゃった

P1000644_2

さあ、てくてくと歩いて「ベッカライ ベルケオ アルトハイデルベルク」さんへ。

ここは私がよく読んでいる京都の方のブログに何度か登場したお店です。
う~ん、プレッツェルっていったいどういう食べ物なんでしょうか。
私の生活には出てこない食べ物なので・・。

よし!これで今晩の食料は大丈夫!

P1000646

岡崎神社で念願のうさぎみくじを。
かわいい(≧∇≦)

ここから203か204のバスに乗って「浄土寺」で下車。
めざすのは銀閣寺近くにある「喜み屋」さん。
11月から4月初旬までの季節メニュー、「白味噌雑煮」を食べるためです

とても人気のあるお店らしいのですが、3月の平日のせいかすいていてゆっくりいただくことができました。

P1000647_2

これに「豆かん」もつけて。
う~ん、やっぱりおいし~い
お店のお姉さんもやさしくて うれしかったですよ

P1000648_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「THE ハプスブルク」

朝 9時過ぎに京都に到着したのに、もう11時半。

心配していた雨はパラパラ程度。

泉涌寺道のバス停で時刻表を見ると国立京都博物館方面へのバスは行ったばかり。 歩いて15分くらいなので、歩いていきます。

歩きはじめて前を通り過ぎたけれど、また戻って入ったお店が「TAITO」さん。
ランチの看板が出ていて、なんとなく感じ良さそうな直感が

若いご夫婦?がされている、こじんまりした居心地のいいカフェレストランでした。
地元の会社の人達が大勢 お昼を食べに来ていました。
あ~ほんっといいなあ京都は。こういうお店がたくさんあって

P1000640

京都国立博物館

東京で見られなかった「THE ハプスブルク」展です。

いつもものすごく混んでいるらしいのですが、お天気のせいかしら、ほどほどの人出でした。

「特別出展」「イタリア絵画」「スペイン絵画」の部屋から「ハプスブルク家の肖像画」のお部屋へ。
入ってすぐ右側に人がたくさんいますよ・・とそこには「オーストリア皇妃エリザベート」が

なんて美しいの
テレビや写真ではよく目にする絵ですが、その大きさ、圧倒的な美しさ

反対側の壁にもおなじみの絵画が。
そしてまたまた愛らしく美しく、その上賢そうな少女が「11歳の女帝マリア・テレジア」

ふ~っ よかったわ
京都国立博物館は お庭にも何気な~く石像や礎石が展示されていました。

P1000642

P1000643

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都 雲龍院その2

写経をしたあとはとても広いお庭と院内を見学させていただきました。

P1000629_2

P1000628_2

鳥のさえずりと風の音しか聞こえません。

P1000631_3

お抹茶もいただきました。

奥様手作りの干し柿。
びっくりするほど美味しかったんです。
ほんのりゆずの風味がしたのですが・・。

P1000633_2

「どこのお部屋でもいいんですが」とファンヒーターのあるお部屋に用意して下さいました。

本当にゆっくりさせていただきました。
でも 奥様は多分とても忙しくされていると思います。
朝からおじゃまさせていただきました。ありがとうございました。

4月には「春の特別拝観と夜間ライトアップ」があるようです。
でも できたら人の少ない時にゆっくり行かれることをお薦めします

そして泉涌寺の如意輪観音さまにごあいさつして
P1000634_2

大好きな戒光寺の釈迦如来さまのところへ

わたしが行く時はいつもだれもいません。

「よく来たね」と両手を広げてお迎えしてくださいました。
うれしくてうれしくて私も両手を広げて釈迦如来さまに抱きつきたくなりました
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉涌寺 雲龍院 その1

降水確率90パーセントという予報の中、京都へ。
いつもは日帰りなのに、今回は1泊で

今回の一番の目的は泉涌寺別院 雲龍院で写経をすること。
あとはお天気しだいでその時に考えよう・・と。

朝 9時ちょっとすぎに京都着。
八条口にある荷物デリバリーサービスに荷物を預け、雨が降る前の貴重な時間を有効に使うためにタクシーを奮発

総門から歩いていきます。

P1000620

だれもいません・・

P1000621

ここを入っていきます。

P1000622_2

ふうっ 到着

P1000624

さあ、さっそく写経させていただきました。

こちらでは写経の前に3つのことをします。
一、 写経の間、 丁子(クローブですよね)を口に含んでいます。
二、 お香を手に塗って清めます。(一日中 品の良い香りに包まれていまし 
    た)
三、 清水を頭にふりかけていただきます。

写真でおわかりのように、こちらでは朱で写経します。

そして「龍華殿」という由緒ある本堂で、御本尊「薬師如来」 日光菩薩月光菩薩に見守られながら写経できるという贅沢さ

し、しかし 今回、私って写経に向いてない事がよくわかりました・・┐(´-`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月・・春ですね

P1000619

春、3月は人との出会い、別れの季節でもありますね。

職場でも親しい人が移動になってしまい、なんだかさびしい(。>0<。)

月末月初は忙しいから、バリバリやるしかないか

今週はめずらしく泊まりがけで京都に行きます。
でもお天気は雨マーク・・

さあ どこに行こうかな(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい

1000614_5

かわいい

娘にデジカメ編集の特訓を受けて・・(v^ー゜)ヤッタネ!!

P1000615

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エステ 「ラウレアカマクラ」

ラウレアカマクラ
Laule’a Kamakura  長谷にある一軒家のビューティサロンです

ふと鏡を見たら、あまりのお肌の汚さにびっくり!
これは自分ではどうにもならないだろうと、エステを検索。

自分の中で、サロンの条件があります。
なるべく個室なこと。
施術のベッドが隣接していくつも並んでいない事。
リフレクソロジーでもマッサージそうですが、カーテンや仕切りもなく大勢並べられて施術するところはホントにイヤ(≧ヘ≦)

そして もちろんリーズナブルなお値段

みつけたのが こちらのLaule’a Kamakura さんです

長谷観音の交差点からほんとにすぐの住宅地の中にあります。
個人のお宅の一室を利用していて、窓が広くて居心地のいいスペース。
沖縄海洋深層水を使ってお肌のお手入れをしてくれました。
これがトロ~リとして とても気持ちがいいの

 もうひとつ大事なことがあります。
施術してくださる方の「手」です。
技だけではなく、「ふっくら あたたかく やさしい手の持ち主」であること。

こちらのお店は大満足でした;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

長谷ですものね、そのあと「光則寺」へはじめて伺い、ちょっと海岸まで足をのばし・・。
めずらしくカメラを持って行ったのに、使い慣れないために設定がいまひとつでブログにのせられるような写真が撮れなくてざんね~ん

ちょっと贅沢な気分になれた一日でした(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありをりはべり

ありをりはべり
「ありをりはべり」 日向なつお 講談社

中学の時からとつぜん神様が「見える」ようになった立花棗(なつめ)。
神社が隣にある高校で入学初日に出会ったのは、「見えなくなった」神社の息子、藤島須佐とキャラの濃い地歴部一同。 そして神様が少々?
八百万の神様たちと私たちをつなぐ物語、スタート!
 ・・というのがコミックの後ろの説明書きです。

表紙だけ見て買った、はじめてのマンガ家さんです。
けっこう当たりでした

マンガの中の神様はみんなかわいらしいんだけど、ほんとはかわいいだけじゃ済まない存在なんでしょうね。

町歩きで神社に行くたびに、やっぱり私はどうしたらいいかわからなくて・・。
一応あたまをさげてご挨拶はするんだけど(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの子たち

うちの子たち
ふうっ
昨日も今日も忙しかった(*´ο`*)=3
明日は更に忙しい
そんな時は癒し系トリオ。右端は江戸東京博物館のキャラクターの戌張り子

ああ そうだ。明日から国立東京博物館で長谷川等伯展がはじまるんだ。
行かないと 後で「やっぱり行けばよかった」と思うんだよね・・。

近くの科学博物館もけっこうおススメな場所です(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«鎌倉凜林